引越しの荷物を3種類に分けて対応

admin / 2015年3月19日

引越し作業と言うのは、色々なことに気を配らなくてはなりませんが、大事なのは円滑に進めて行けるようにするための段取りです。どのぐらいの日数がかかり、いつぐらいから着手すれば良いか、どういった作業が必要か、ときちんとした計画を立てて、作業に入って行くことが大切と言えます。
まず、荷物の取り扱いに関してですが、これは大きく3つの種類に分けます。一つは、引越し先に持って行く物です。もう一つは、ゴミとして処分する物です。最後は、リサイクルショップに売ったり、フリーマーケットに出したり、インターネットオークションに出品をするなど、お金に変えるようにする物です。グランドピアノあたりは売れますので処分するよりも売ったほうがいいでしょう。
ゴミ袋を用意しておき、いらない物はどんどん入れて行きます。不要品として処分する棚などの中身が空になったら、売るためにリサイクルショップに取りに来てもらったり、インターネットオークションへ出品することができます。なお、すぐに落札されるとは限りませんから、早め早めの対応を心がけておくと良いでしょう。ちなみに、フリーマーケットの場合ですと、運ぶ手間があり、当日そこにいなくてはならず、売れ残ったら持って帰ってこなくてはいけません。時間と手間がかかりますから、これは売れるだろうと強く思える物がなければ、かえって効率が悪くなってしまうこともありますので、無理に参加しないなど、バランス良く立ち回ることが大切と言えます。
なお、ゴミ出しを行い、リサイクルショップへの処分なども進めて行くと、どんどん物が減ってきて部屋がすっきりとしてきます。こうなると気持ち的に随分楽になります。いつまでも家の中に物がたくさんあると、上手く引越しできるだろうかと不安になってきますから、スムーズに物を減らして手ごたえを感じながら行うというのも大切なポイントです。
なお、引越し先に持って行くと決めた荷物の中でも作業を分けることができます。それが、業者に頼んで持って行ってもらう物と自分で運ぶ物とに分ける作業です。冷蔵庫や洗濯機、タンス、本棚、食器棚など、重い物や大きな物と言うのは個人では厳しいですが、そういった物ばかりではないでしょう。運んでもらう量が少なければ、費用を抑えることにつながりますから、自分で十分運べそうな物があれば、そういった対応をとるというのも一つの方法なわけです。ただし、大きなテレビなどを無理に運んで壊してしまっては大変ですから、その辺の判断は慎重に行いたいところです。